よくある質問

みなさまから多く寄せられたご質問にお答えします。

受付について

月・火・水・金曜日は予約の必要はありません。診療時間内にお越しください。土曜日のみ予約制ですので、0985-35-0007にお電話下さい。

午前中は8時半から12時まで、午後は14時半から18時までです。

お電話(0985-35-0007)下さい。現在の大体の待ち時間の目安はお伝えできます。

各種クレジットカードが使えます。

治療について

男性のひげの脱毛は行っていません。

ほくろについて ほくろみたいに見えるものでもウイルスが関係しているイボや、脂漏性角化症、また、癌 になる前の日光性角化症などや癌である基底細胞癌などがありますので、まずは本当にほ くろかどうかも問題ですので、病理検査を行う必要もあります。
ほくろを取る方法について ほくろのある部位や大きさ、個数によって方法が違います。 切除と縫合、炭酸ガスレーザー照射による除去、ロングパルスアレキサンドライトレーザー などを当院では行なっております。 費用 それぞれの方法によって、保険適応か自由診療になるかが決まります。

しみと言っても、加齢によるもの、怪我によるもの、皮膚のできものなどがあります。気になるのであれば、病院を受診して頂きてどのようなものかを診断します。保険でできるものは病院で治療します。保険外のものは病院に併設されているメデイカルスキンケアで治療を行います。

病院を受診して頂きます。耳たぶは専用器具を使用して瞬間的に装着します。シリコンなどのピアスやへそピアスは医師によって十分に配慮した装着を行います。メディカルステンレス、チタン、シリコン、誕生石などのピアスを用意しています。費用は5000円から10000円です。

ニキビの治療薬としては外用剤と内服剤があります。また、当院では炎症性のニキビに効く光療法も行っています。ニキビの外用剤は様々な種類があり、中には強い外用剤で皮膚にダメージを与えるものもありますので、患者さんに合った外用剤をさがしていきます。内服は抗生剤、ビタミン剤、漢方薬などがあります。洗顔や保湿などのスキンケアが必要ですので、その指導も行います。

まずは受診して頂き、皮膚のできものをして手術で取るのか、レーザーで取れるものかを診察します。手術で取る場合はその費用と手術の内容について説明ます。そして、手術を希望される方は手術の日を決めて頂き、簡単な検査とオリエンテーションを受けて頂きます。手術は火曜日の13時から18時までか、月・水・金の13時から14時の間です。手術当日は30分前にお越し頂きます。

加齢や長期のハードコンタクトレンズの着用、まぶたのこすりすぎによってまぶたを上げようとしても上がりにくくなるのが眼瞼下垂です。
鏡を見て、眉毛を上げずに目を開くとまぶたが瞳孔(目の真ん中の黒いところ)にかかっていると手術の適応となります。
保険が効きます。

3つの治療法があります。
外用薬(制汗剤)
当院で調剤する制汗剤です。刺激がやや強いので皮膚がかぶれることがあります。薬代は 1500円~3000円です。
手術療法  
保険適応です。わきに横に約3センチ切開を2箇所いれて、汗と臭いのもとのアポクリン腺 を切除します。手術時間は約1時間30分で、日帰り手術で行えます。しかし、手術した後の 2日間は自宅安静が必要です。効果は7~8割くらいにおいが減少します。費用は保険の3 割負担で約4万円です。
ボトックス注射  
両脇に汗をだす神経を麻痺させるボトックスというものを皮膚に注射します。 一時的にに おいと汗を止めてほしい場合に行うことが多いです。 現在は当院では行っていません。
脱毛 (脱毛と同時にアポクリン腺も減少させる方法)
わきの脱毛を行う際に、特殊なレーザーの照射法を用いてアポクリン腺を萎縮する方法で す。1年間のフリープランで8万5千円です。わきの毛は生えなくなり、においは約3割程度 は減ります。

まずは痛みをとることを目標として、抗生剤の投与や化膿した傷や肉芽を落ち着かせる処 置を行います。軽度の陥入爪であれば、適切な爪切りやアンカーテープの使用、日常生活 の指導などでコントロールすることも可能です。しかし、疼痛や化膿を繰り返す患者さん は治療が必要となります。 (1)保存的療法   巻いている爪に形状記憶合金のワイヤーを入れる方法です。約1ヶ月おきにワイヤーを入 れ替えて約半年間すると爪は平坦化します。しかし、2~3年で元に戻る可能性もありま す。 2)手術的療法   爪が食い込む部分の爪母(爪が作られるところ)を除去する方法です。爪の幅は狭くなり ますが、巻き爪の痛みより解放されます。

いぼ(尋常性疣贅)は放置すると増えたり、体のほかの部位にうつります。治療は液体窒素で行う方法と貼り薬と塗り薬で行う方法があります。患者さんと話し合ってその方法で治療するか決めます。

ウイルスによってうつる病気です。そのままにしていても約1年で自然に消えます。数が増えたり、かゆがらなければそのまま様子をみていてもいいです。しかし、さわったり、かゆがる子は広がるので取る必要があります。夏場は、保育園や幼稚園によっては取らないと、水遊びやプールが禁止となるところがあります。また、スイミングスクールによっては、水いぼを取らないとスイミングをさせてもらえないところがあります。水いぼを取るかどうかは、患者さんのご家族に決めて頂きます。

できます。手術で切除、縫合する方法とレーザーを用いて取る方法があります。大きさや部位、治療期間などを話し合って方法を決めます。