クリニック案内 診療時間 アクセス・地図 皮膚科 形成外科 メデカルスキンケア TOPへ

 AGA男性型脱毛  男性型の脱毛は何もしないでいると徐々に進んでいきます。進行を抑えるために早めのケアが必要です。
 治療法は?  内服薬はプロペシア、ザガーロ、フィナステリドの3種類のから1種類を1日一回内服して下さい。
通常は6ヶ月間服用して、その効果を判定します。
 育毛剤があります。  当院では、ミノキジジール5%の発毛剤を1ヶ月分5000円で販売しております。その他にもミノキシジル7・15%含有の発毛剤とミノキジル含有のシャンプーもあります。
 費用は?  診察は3500円です。

1か月分の薬代
ザガーロ    11500円
プロペシア   10000円
フィナステリド 7500円
ザガーロは新しい内服薬でプロペシアが男性ホルモンの変化を1か所ブロックするのに対して、2か所ブロックします。フィナステリドはプロペシアのジェネリックです。それぞれの内服薬に特徴がありますので、診察時に説明します。
 効果は?  私自身は現在プロペシア内服して7年間たちました。内服して5ヶ月目より抜け毛が少なくなったと実感しました。
頭頂部は内服して、1年でやや増え、その後維持しているようです。
後退した生え際が元にもどる効果はないようですが、生え際の後退は止まっているようです。
試しに一度内服をやめてみたら内服中止後3ヶ月してから、髪の毛が抜け出しました。
この薬は飲み続ける必要があるようです。

当院の患者さんは50%が6ヶ月以上飲み続けておられます。
臨床結果でも60%の有効率ですので、その臨床データーは正しいと考えております。
残りの10%の患者さんは個人の理由(忙しい、気にならなくなった、金銭的な問題等)による中止と思われます。
男性型脱毛でお悩みの方に、科学的根拠に基づいた治療を受けて頂くために、日本人に合った治療法のガイドラインができました。今まで民間治療を含め、様々な治療法がありますが、有効性の高い順番にA、B、Cのランクで区別されています。 Aランクとして推奨されているのは、ミノキシジルの外用とAGAの内服です。ミノキシジルの外用は5%のものを薦めています。 院長の私もプロペシアの内服と5%のミノキシジルの外用を続けています。
 副作用は?  他の薬に比べて特にという副作用はありませんが、プロペシアは、わずかですが性欲減退、勃起不全、精液量の減少などの副作用があります。
 よくある質問  :最初に診察後は、どのくらいのペースで受診が必要ですか?

:効果がでるまで、約半年かかります。内服して問題なければ、その間は薬を受付で取りにくるだけでも大丈夫です。その場合は薬代のみとなります。その後は症状に応じての受診となります。頻回の受診は必要ありません。